WANGAN CREATE

THE DIVERS 新たなる、多様性を

日本最長の4.3kmの人口海浜ってどこか知ってる?

千葉市が3月9日に海辺のグランドデザインを策定しました。
どうやらこの海辺のグランドデザイン、千葉市が誇る海岸を活用して市民や訪れる人にとって素敵な時間を過ごせるものにすべく専門家や市民の意見を取り入れて定められたようです。

今回はその海辺のグランドデザインに関してご紹介させて頂きます。

海辺ににぎわいを。
「海辺のグランドデザイン」から始まったプラン。

海辺のグランドデザインとは、千葉市が定めた20年〜30年先の将来を見据えた海辺の活性化の取り組みの方向性を示すもので、千葉大学との共同研究による基礎調査から始まり、市民のワークショップなどを経て策定されたものです。

千葉市の海辺のグランドデザインでは、海辺のエリアを5つに分けて考えており

千葉市HP 海辺のグランドデザイン【概要版】
https://www.city.chiba.jp/toshi/umibe/umibenogd_sakutei.html)より

上記5つのテーマを設定して、それぞれのゾーンの発展に向けて取り組んでいます。

日本最長の人工海浜のある「海辺エリア」

グランドデザインの対象となる海辺エリアは、稲毛から幕張にかけての日本最長となる全長約4.3kmの人工海浜を構成する「いなげの浜※1」「検見川の浜※2」「幕張の浜※3」の3つの浜と、「稲毛海浜公園※4」「幕張海浜公園※5」の2つの海浜公園を一体的にとらえたもの。

幕張の浜は幕張ビーチ花火フェスタ※6や有名音楽フェス、ランイベントなど様々なイベントで盛り上がり、検見川の浜はウィンドサーフィンのメッカとして知られ、いなげの浜は東京から最も近い海水浴場として夏季には多くの人で賑わうなどそれぞれ特色のある浜となっています。

また、近年のランニングブームを受けて海辺エリア内に設定された全長13kmの幕張稲毛シーサイドランニングコースは土日には多くの市民で賑わいをみせており、海辺の新しい活用が始まっています。

海辺を活かしたまちづくり

今後は海辺のグランドデザインをもとに、海水浴や散策ができ、自然観察も出来るよう水辺環境の保全を行いながらも、水際からの眺めに配慮した良好な景観の形成。また、ゆったりと眺望を楽しめる空間の形成がされていくようです。また、それら景観形成にあたって海辺エリアやそこへのアプローチ空間においてはデザインコードの導入についても検討を進めていくとの事。
先行して行われている取り組みとしては、

海辺の見えるレストランTHE SURF OCEAN TERRACE
→THE SURF OCEAN TERRACEを特集した記事はこちらから

富士山や東京スカイツリーを含む東京湾を一望できる海浜大通り駐車場の整備、海を眺めながら松林を散策出来る松原散策路などが既に先行して実施されています。

いかがでしたでしょうか。今後も、引き続き千葉市の海辺活性化に向けての取り組みが期待されますね。日本を代表する海辺の街として世界から観光客が訪れるような名所になるといいですね。

海辺のグランドデザインの詳しい情報・最新情報は下記千葉市HPよりご覧いただけます。

※1いなげの浜(現地より1,920m)
※2検見川の浜(現地より1,260m)
※3幕張の浜(現地より3,560m)
※4稲毛海浜公園(現地より約2,660m)
※5幕張海浜公園(現地より約2,330m)
※6幕張ビーチ花火フェスタは打ち上げ場所の変更や開催中止になる場合がございます。

18.9.4
資料をご請求いただいた方に、最新価格表をご送付しております。
18.9.4
家具付きモデルルーム販売中!!【73㎡超/91㎡超】73㎡超:3,498万円(1戸/2F)
18.1.18
当日のご予約も承っております。0120-313-173 へお電話ください。