WANGAN CREATE

THE NEST 新都心を、住む

2年連続待機児童ゼロを達成した千葉市独自の取り組みとは

話題となった待機児童の問題

人口の集中する都市部を中心に、認可保育園への入所を申請したにも関わらず入所できずに順番待ちになる「待機児童」が大きな社会問題になっており、近年では子供が生まれる前から「保活」と呼ばれる保育園に入る為の活動に必死に取り組まないとならないなど親の負担は増えるばかりである。

そんななか先日、保育園への入所選考に落ちた母親が心境を語った匿名ブログを投稿して波紋を広げている。インターネットを中心に話題は広がり、ついには安部首相が衆議院予算委員会にて「政権交代前の倍のスピードで受け皿作りを進めている。保育士の待遇改善にも取り組みたい」と発言するまでの事態となった。

千葉市の子育て世代に嬉しい取り組みとは

大きな国民の関心事となった子育て環境の問題だが、子育て世代にとっては子育て環境がどの程度整っているかは住む場所を選ぶときに重要な指標になるほど。各自治体も真剣に取り組んでいるが、なかなか改善されないのが実情である。そんな中、独自の取り組みで待機児童問題に取り組み続けている自治体が千葉県千葉市である。

千葉市は独自の取り組みとして「こども未来局」と呼ばれる部門を設置して、ハード面とソフト面の両方で手厚い支援を行っている。

なかでも、子育て支援コンシェルジュによる相談対応や情報提供は大きな効果を上げている。子育て支援コンシェルジュとは、保護者から相談を受けて、それぞれのニーズに合った子育て支援サービスについて情報を提供する専門の相談員で、保育サービス(認可保育所、幼稚園の預かり保育、保育ルームなど)についての情報提供や、その他にも子育て支援サービス全般の利用に関する相談に応じてくれる。

また、認可保育所と同等の基準を満たし市の認定を受けた施設である「千葉市先取りプロジェクト認定保育施設」や、市内の認可外保育施設のうち、認可外保育施設の基準を遵守し、1年以上の運営実績を有するなどの基準を満たし市の認可を受けた施設である「千葉市保育ルーム」に一定の基準を満たした児童が入所すると助成対象となる制度も整備されており、保育環境の拡充に向けて積極的な取り組みをしている。

大きな話題となった待機児童問題だが、千葉市の様に「待機児童ゼロ」に向け待機児童対策に以前より真摯な取り組みを続けている自治体もある。子育て世代が住む場所を選ぶときには、こういった地方自治体の取り組みも是非参考にして頂きたい。

※ 2016.4.6時点の情報です。詳しくは千葉市HP(https://www.city.chiba.jp/index.html)を確認ください。

<参考サイト>
「子育て支援コンシェルジュが子育て支援サービスについての相談を受け付けています!」
http://www.city.chiba.jp/kodomomirai/kodomomirai/shien/concierge2.html
「千葉市先取りプロジェクト認定保育施設」
http://www.city.chiba.jp/kodomomirai/kodomomirai/unei/sakidorip.html
「千葉市保育ルームのご案内」
http://www.city.chiba.jp/kodomomirai/kodomomirai/unei/rumu-hyo.html

18.4.6
家具付きモデルルーム販売中!!!【3LDK】73.39㎡ 3,498万円(1戸/2F)
18.3.30
先着順申込受付中!【3LDK】73.39㎡ 3,498万円(1戸)~ 【4LDK】89.49㎡4,498万円(1戸)~
18.1.18
当日のご予約も承っております。0120-313-173 へお電話ください。